エコツーライトでクリーンな排気ガスにしよう

婦人

尿素水で排気ガスを改善

走る車

車のエンジンにはガソリンエンジンとディーゼルエンジンとがあります。ガソリンエンジンはスパークプラグから出る電気でガソリンを含む混合気を爆発させ、その推進力で進みます。ディーゼルエンジンは、軽油を圧力によって生み出される摩擦熱だけで爆発させます。そのディーゼルエンジンによって生み出される排気ガスには、窒素酸化物というものが含まれています。この窒素酸化物は大気汚染問題の1つでもあります。しかし、バスやトラックなどの大型車は全てディーゼルエンジンが搭載されています。そのままの状態では空気中に窒素酸化物が蔓延することになってしまいます。それを阻止するために、尿素水SCRシステムという還元システムがディーゼルエンジンにはついています。その尿素水SCRシステムというところで窒素酸化物を窒素と水に還元します。尿素水SCRシステムの元となるものは、Adblueという商品またはエコツーライトというものがあります。更にエコツーライトという商品はAdblueという商品の4分の3ほどの価格で安価となっています。また、このエコツーライトの導入企業は2500社とう実績も持っています。他にも会社の取り組みでエコツーライトの製造を障害者施設に委託して、それを自社で買い取って障害者の方の就労支援につなげる取り組みも行なっています。
エコツーライトを使用することで大気汚染の問題を解消することと、社会貢献も同時に行なうことができます。バスやトラックをお持ちの企業は、一度使ってみてはいかがでしょうか。

コーティングの種類

女性と赤い自動車

コーティング剤は、ワックスやポリマー、ガラスに分かれますが、耐久性を優先するのであればガラスコーティングを施工しましょう。始めの施工はそれなりの価格ですが、耐久戦が数年単位なのでトータルでみると安いと言えるかもしれません。

Read More